生態を知って対策するのが大事|ハクビシンの被害を受けない為に

生態と駆除方法

ハクビシン

生態と被害の実態

ハクビシンは大きさ1メートルにもなる大型の害獣で、指が発達しているため電柱なども登ることができる。雑食で果実などの植物を好み、全国的に農作物の被害が増加している。また、寿命が10年以上と長く、この間、年1回の出産を行うことで生息数が著しく増加する。ハクビシンは夜行性で、木の実などを好むことから森林や山間部で生活し、昼間はねぐらなどの隠れ場所に潜む。一方、環境適応能力が高く都市部などにも順応し、全国的な生息数の増加が見られる。特に屋根裏や天井裏は本来生息する隠れ場所に似た環境であるため、ハクビシンが営巣しやすい。このように都市部では住宅被害が顕著に認められる。特定の場所に糞をする習性があり、屋根裏にこのような場所を作られると糞による建築物被害が発生し、何らかの対策を施す必要が生じる。

習性と駆除方法

住み着いたハクビシンを放置すると、住宅に対して著しい損害が生じる場合がある。糞害の場合、屋根裏から糞由来の水分が浸透して天井板が劣化したり、建物の骨格自体に影響を及ぼす可能性がある。ハクビシンは寄生虫などのリスクもあることから、家屋から追放する対策が必要となる。住み着いたものをすべて捕獲し、忌避対策を施した上で侵入できないように遮断することが効果的な対策となる。ハクビシンは学習能力が高く、一旦受けた危害をよく覚えている。そのため、嫌いなにおい、音などを対策として施すことが忌避効果を発揮する。又、家屋の開口場所をすべて封鎖すれば、再び侵入してくるリスクを無くすことも可能となる。これらの対策は害獣駆除専門業者に委託して実施することもできるので、相談して実行することが推奨される。

作業員

安全で確実な駆除方法

害虫駆除を行う上で気をつけなければならないのが、刺されたり噛まれることで起こるケガです。自分で駆除が難しい場合は、専門業者へ依頼することで安全に確実に駆除してもらうことができます。保証サービスを利用することで、万が一再び害虫が発生しても保証期間中であれば安心です。

蜂の巣

危険を伴う作業

スズメバチを自分たちで駆除するのであれば安全面を考慮したうえで作業をすると良いです。黒よりも白いものを身に付けて作業を行うとスズメバチが寄りづらくなります。また殺虫剤を使うことでより確実にスズメバチを駆除できます。いろんな形のスズメバチの巣があるため、プロに駆除してもらうと確実です。

アライグマ

早急な対処が必要

アライグマを個人で駆除するのは、ケガなどの危険が伴うので専門業者に依頼するのがよいです。畑を荒らされるなどアライグマの被害に困っているときは、早急に相談するようにしましょう。再発防止のためのノウハウもあるので安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加