生態を知って対策するのが大事|ハクビシンの被害を受けない為に

危険を伴う作業

蜂の巣

刺されないこと

スズメバチの巣を見つけて自分たちで駆除をしようとしても、とても危ない作業につき危険が伴います。特に産卵をしたばかりの女王蜂は子供達を守るためにより危険で凶暴になっていることが多いため、産卵や子育てをする前に女王蜂を駆除したり、できたばかりのスズメバチの巣を駆除すると良いでしょう。スズメバチに刺されてしまうと最悪死に至る危険性が伴うため、気をつけなくてはなりません。黒よりも白い防護服を来たり、手元に関してもスズメバチを寄せ付けないような格好をして駆除に当たると良いでしょう。またスズメバチは非常に危険な生物ですが、殺虫剤の効果が高いため、自分たちで苦情考えている場合は殺虫剤などの薬剤を使用することでリスクを減らすことができます。しっかりとスズメバチの巣に吹きかけることが大切です。

いろんな場所に巣を作る

スズメバチの巣は屋外だけではなく家の中でも巣を作ってしまうことがあります。かなり大きいサイズのものからバレーボール位のサイズまでいろんなサイズのスズメバチの巣があります。駆除をするとなると1人で作業するのが難しいです。市町村によってはスズメバチの駆除を無料で行ってくれるエリアもあります。また補助金等出してくれる市町村もあるので、業者に依頼する前に事前に調べておくと良いでしょう。何も知識がない状態でスズメバチの巣を刺激してしまうととても危険なので、少しでも危険を感じた場合はプロに作業をお任せすると良いでしょう。マーブル模様になっている丸いスズメバチの巣や、砂壁にできた小さな穴の中から侵入して巨大なスズメバチの巣を作り出す女王蜂までいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加