生態を知って対策するのが大事|ハクビシンの被害を受けない為に

早急な対処が必要

アライグマ

捕獲する際は注意が必要

可愛らしい風貌のアライグマは、アメリカなどでペットとして人気の動物です。元々日本には生息していない動物ですが、輸入されペットとして飼われていたものが、逃走したりして野生化しました。日本にはアライグマの天敵がいないため、急激に繁殖しました。幼い内は、人にもよく懐き可愛らしいのですが、成獣になると気性が荒くなり力も強くなります。現在では野生化したアライグマが、農作物を荒したり家畜やペットを襲ったり、家屋へ浸入したりという問題が発生しています。こうした被害に困っている場合は、早急な駆除が必要です。駆除を行うには、追い払う、または捕獲する、という方法があります。捕獲する場合は、外来生物法の防除計画に基づいて行うか、鳥獣保護法の許可を受けなければなりません。手続きがなくては捕獲はできませんので、そこは注意が必要です。

専門の業者に依頼を

アライグマの駆除は、個人で行うのはなかなか難しいものです。追い出すにしろ捕獲するにしろ、成獣となったアライグマは凶暴で手に負えません。駆除は専門の業者に依頼するのが得策です。アライグマは農作物やペットに害をなすだけでなく、病原体の媒介となることもあり、うかつに触れたりすることは厳禁です。また、専門の業者ですと、追い払ったり捕獲したりした後のケアもきっちり行ってくれます。侵入経路を調べて塞いでくれたり、アライグマが嫌がるものを設置して再発を防いでくれます。アライグマは手先が器用で、運動能力も非常に高いため、大きな被害をこうむることになります。何か異常が認められた時には、できるだけ早く駆除を依頼した方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加